転職市場においては、年齢がカギになることが多いです。

というのも、皆さんが採用する側に立った時、20代の方と40代の方であれば、おそらく前者を採用するでしょう。

まだ変な風に染まっておらず、なおかつ教え甲斐もあります。

一方、後者の側になってしまうと、コストも高くつきますし、何より一から教えるということはできません。

となれば、若い方が転職市場では有利なように思えます。

それは真実なのかどうかをこの記事で確認していきましょう。

まず、「転職したい」と思っている方に対して。

そのような方は、一刻も早く決断すべきでしょう。

市場は刻々と変化し続けています。

「タイミングが来れば…」などと悠長なことを言っている余裕はありません。

むしろ、景気が悪化していくというおそれもあるからです。

また、人間には「やった結果の後悔」よりも「やらなかった末の後悔」が強く残るという特徴があります。

若いうちであれば、多少の失敗は挽回できます。

ですが、年齢を重ねていくと、なかなかそうはいきません。

背負うものも増えてくるため、思い切った決断がしづらくなってしまうのです。

となれば、多少のリスクを負ってでも、転職に踏み切ることは間違っていないと思います。

20代というのはあっと言う間に過ぎてしまいます。

考えてみてください。

新卒で採用された場合、おそらく22歳前後でしょう。

8年たてば、もう30歳なのです。

時間はほとんどないと言って差し支えないでしょう。

なるべく早く決断することが、自分を売り込むための良い機会となり得ます。

また、「転職を迷っている」と言う方に対して。

おそらく、このようなタイプの方は、就職した会社とのミスマッチングが考えられます。

近年は、景気も回復基調にあるため、そこそこミスマッチングも落ち着いてきましたが、数年前のいわゆる「就職氷河期」
と言われるような時代に採用された方の中には、不本意ながらもやむなく就職先を選んだという方が大勢います。

そうした方は、転職をチャンスと捉え、本命だった部門への転職を考えます。

しかし、採用してくれた会社への恩義などもあり、なかなか踏み出すことができないというのが現状かもしれません。

ですが、転職は一生を左右する重大な局面です。

遠慮をしているうちに、チャンスは逃げて行ってしまいます。

人の恩は大事ですが、時には非常に徹し、自分のための行動を決断することも大事なのではないでしょうか。

「一つの会社に一生勤めあげる」という時代は終焉に近づいています。

自分のキャリアは、自分で決めていくということを忘れずにいてほしいです。

以上の記述を参考にしていただき、20代のうちに転職をしてほしいと思います。

皆様の一刻も早い決断を期待したいと思います。