20代の転職における武器は、何と言っても「若さ」です。

一方、40代以上になると、「経験」を買われることが多いでしょう。

その間にいる30代となると、なかなか扱いが難しいと思います。

30代の転職においては、何を売りとするべきなのでしょうか。

また、30代での転職は不利にならないのでしょうか。

そのあたりの検証を進めていきましょう。
まず、30代の転職を決意された方は、厳しい戦いに挑むという意識を持ちましょう。

採用する側からしても、最も慎重になるような年齢だからです。

変に色がついているような人は採りたくないでしょうし、かといって位置から教えることも難しい…。

そのような縛りがかかってしまうからです。
というわけで、ここで採用されやすい条件をいくつか書いてみましょう。

まずは、5年以上の実務経験があることです。

中途採用する際は、その人の実績を買うのが普通です。

その際、目安となる期間が概ね5年間です。

というのも、5年以上の期間があれば、だいたいの業務は知っているという判断ができるからです。

次に、専門的な資格を持っているということも有利です。

例えば、不動産業であれば、宅地建物取引主任者は必須です。

これを持っていないと、業務の幅が著しく制限されてしまいます。

そのような人を採用しても、会社には何のメリットもないということを知っておきましょう。

また、同じような理由で、証券業界において証券外務員を持っていないというのも致命的です。

せっかく採用しても、取引に参加できないのですから、会社側からすると、全く戦力になりません。

必要な資格は必ず持っておきましょう。

また、リーダー経験があるということも大事です。

やはり、ある程度の規模のプロジェクトを任せるには、同様の経験を積んでおく必要があります。

その際、そこそこの規模のプロジェクトを統括したことがあれば、転職後にもその経験を活かせるでしょう。

逆に、全くリーダー経験がない人は要注意です。

会社側からすると、非常にリスクが高いのです。

これも経験のうちに入るので、考慮に入れてください。

さらに、マネジメント力があるとなお良いでしょう。

職場では、様々な立場の人を調整し、まとめ上げていくことが求められるからです。

その際、過去に発揮したことがあるマネジメント力をアピールできると、転職には有利なはずです。

そうした経験を言えるようにしておきましょう。

以上が、30代の転職における主な注意点です。

ちなみに、もう一つ加えるとすれば、「あまり年収にこだわらないこと」でしょうか。

年収に固執しすぎると、がめつい人だと思われがちです。

そうではなく、純粋に転職したいという気持ちを前面に押し出してください。

そうすれば、結果は伴ってくるはずです。