一般的に、転職市場においては若い人が有利です。

裏を返せば、年齢を重ねてからの転職活動は、非常に困難が付きまといます。

ですが、転職に成功しやすい人もいます。

必ずしも、年齢はネックにはならないということです。

とはいっても、他の人と同じように転職活動を進めていては、なかなか決まりません。

やはり、転職を成功させるにはそれなりの「対価」が必要です。

そこで、この記事では40代の転職にとって有益な情報を提供したいと思います。

まず、転職において最重要なのが「人脈」です。

40代の転職活動となると、どうしても一人では成功しづらいものです。

やはり、信頼できる人がそばにいるという状況がベストでしょう。

そうした出会いはいつ訪れるか分かりません。

会社の懇親会かもしれませんし、同窓会かもしれません。

はたまた、友人からの紹介かもしれません。

ただ、いずれにおいても言えることとして、「出会いは色々なところにある」ということです。

そうした縁を逃さないのが、成功者の共通点と言えるでしょう。

そして、出会った人には、必ず一度、サシで会いましょう。

大勢の人がいる中では聞けなかったようなことを一対一で聞くことは、とても重要です。

かなり有益な情報を聞けることがあるので、必ず一度はサシで会ってください。

また、会社で使うのとは別の名刺を用意しておくと良いでしょう。

個人的な連絡先を書いておくのです。

パソコン、携帯のアドレスはもちろん、LINEのIDなどを入れておくと、なお良いでしょう。

自分が信頼できると思った相手には、とにかく積極的にアプローチしていくに限ります。

転職活動はスピードと人脈が命です。

このことは肝に銘じておいてください。

そして、「諦めないこと」が重要です。

どうしても、年齢を見られてしまい、何社も続けて落とされていくと心が折れそうになります。

そこをグッとこらえて、前へと進んでいくのです。

たとえ100社落とされようとも、101社目に挑戦する気概が必要です。

要するに、最後の一回で成功すれば良いのです。

当たり前のことかもしれませんが、これを忘れてしまうと、非常にネガティブになってしまいます。

どんな場面でも諦めず、転職を成功させましょう。

最後に、「メンター」を持っておくと良いでしょう。

つらい時、泣きたいとき、なかなか思い通りに進まないとき。

そのようなときに相談できる相手が、メンターです。

このような人がいれば、たとえ困難な状況に陥ったとしても、希望の光が見えてくるでしょう。

マイナスな発言を繰り返すような人とは距離をとってください。

本当にマイナスな気分になってしまいます。

そうではなく、前向きな発言をしてくれる人であれば、自分もプラスな気持ちになれるでしょう。

そうした心構えでいてください。