転職エージェント業界には、様々な企業があります。

もちろん、大手から中小まで幅広く揃っています。

ですが、多くの会社は転職支援だけではなく、複数のビジネスモデルをもって多角的な経営を図っています。

これ自体は、何も間違っていません。

というのも、企業の本質はあくまでも収益を上げることだからです。

ですが、やはり、多角的な経営に乗り出すということは、一つ一つの業種への専念はできないということになります。

そうすると、どうしても質は落ちてしまいかねません。

そのような業界の中にあって、唯一、転職支援のみを取り扱っているのがJACリクルートメントです。

いわば、転職支援のエキスパートだと言えるでしょう。

では、どうして転職支援だけでも成り立つのでしょうか。

この記事では、そうした観点からJACリクルートメントの実態を探ってみようと思います。

JACリクルートメントは、顧客をとても重視します。

業績を上げることを第一には考えていないため、顧客が満足するまで、何度でも話し合います。

そうして、お互いの利害関係がマッチするまで意見をすり合わせた結果、初めて動き出すのです。

他社の場合は、おそらく登録してから細部を詰めていくものと思われますが、細部を詰めてから活動していくのがJACリクルートメントの
特徴であると言えます。

また、転職支援に特化しているため、スタッフもその道のプロフェッショナルばかりです。

業界のトレンドを熟知しているため、顧客の強みを最大限に生かせるような業種を探すことに長けています。

そうした特徴があるため、顧客の側からしても意外な業種への斡旋があるかもしれません。

そうした業種で活躍し、転職を成功させた方が多いのもJACリクルートメントならではの特徴であります。

肝心の評判はどうでしょうか。

実際に利用された方の評価は、かなり極端なものとなっています。

例えば、他社を利用していた時は書類通過率が3割ほどだった方が、JACリクルートメントに変更したところ、6割ほどに上がった
というものがあります。

これは、おそらく、ノウハウをきっちりと吸収することができたからでしょう。

顧客一人一人に向き合う同社の強みが出ている典型例といえますね。

一方で、「外れ」のスタッフに当たってしまったという方もいました。

これは、ある意味仕方のないことなのですが、スタッフの中にも善し悪しがあります。

また、相性もありますので、この辺りは致し方ないかと思います。

ですが、そうしたスタッフもいるということは覚えておくと良いでしょう。

評価は分かれますが、この時代において転職支援だけで成り立っているという事実は重視すべきでしょう。

そうした強みを存分に活かしてほしいところです。