おそらく、転職を希望してる方のモチベーションとして最も身近なのが、「年収」だと思います。

もちろん、他の事情で転職を希望している方も多いでしょうが、やはり年収は大きな要素だと言えるでしょう。

そして、年収アップにつなげられるかどうかのカギを握るのは、交渉術です。

下手な交渉をしてしまうと、希望の年収には届かないかもしれません。

ですが、交渉の技術次第では、希望しているよりも良い年収が見込めます。

そこで、この記事では、少し現金ではありますが、希望年収を勝ち取れる交渉術を伝授していきたいと思います。

まず、希望年収は「高め」に設定しましょう。

例えば、希望している年収が500万円だとしたら、あえて550万円と言うのです。

もちろん、その数字の算定に当たっては、業界の水準などもチェックしたうえで出す必要があります。

というのも、希望している業界の平均年収が300万円のところで、550万円などという数字を出してしまったら、それは現実感のない
数字という評価を受けてしまいます。

あくまでも、客観的なデータと主観の併用が大事です。

話を戻しましょう。

仮に、550万円という希望を出した場合、それがかなり強気な数字であれば、転職エージェントの側から妥当なラインが示されます。

そのラインを元に交渉していくことになります。

大事なのは、しっかりと強気な数字を出しておくことです。

その希望を出しておくことにより、転職エージェント側も簡単には引き下がらない交渉をしていくことになります。

逆に、安い数字を呈示してしまうとどうなるでしょうか。

例えば、上の例の場合において、450万円という数字を出したとします。

その場合、おそらく転職エージェント側から軽く見られてしまいます。

そして、それ相応の企業に「安売り」されてしまうでしょう。

それでは、非常にもったいないです。

あくまでも、数字は強気に出しておきましょう。

ただし、嘘をついてはいけません。

交渉を優位に進めるため、「他社からは520万円というオファーをいただいている」などと言うのはご法度です。

転職エージェントはプロフェッショナルです。

嘘をついている場合、すぐに見破られてしまいます。

そうすると、後々の交渉でも、全力では臨んでくれないでしょう。

どのような場面においても、嘘をつかないことが重要なのは変わりません。

そのことは肝に銘じておきましょう。

以上、簡単に注意点をまとめておきました。

ただし、最も大事なのは、「年収はアップする」ということです。

転職先で活躍していけば、それ相応の年収が見込めます。

目先の数字にとらわれず、先々のことまで考えて交渉に臨むという姿勢を忘れないようにしましょう。