正社員への憧れはあっても、現状は派遣社員にとどまっているという方は意外と多いです。

企業からしても、正社員よりは派遣社員の方が安く済みますし、いざとなった時に解雇しやすいからです。

ですが、労働者からすると、不安定な雇用を強いられる派遣社員というのは、いつまでも続けたいものではないはずです。

社会保険の問題や有給休暇の問題などもあります。

加えて、責任のある地位にも就けません。

単純な作業のみで満足できる人であれば、それでも構いませんが、なかなか遣り甲斐を感じづらいと思います。

そのような方にこそ、真剣に正社員への転職を考えてほしいと思います。

地位も安定し、責任のある事業を任されるかもしれません。

何より、待遇面が全く違います。

給与も相当に変わるでしょう。

このように、正社員登用には様々なメリットがあります。

ですが、正社員経験者が正社員に転職するのと比べて、派遣社員しか経験していない人が正社員へ転職するのは数倍難しい
と言われています。

つまり、何も考えず、正攻法から攻めても効果は上がりません。

成功者には共通点があるのです。

この記事では、そうした側面にフォーカスしていきたいと思います。

派遣社員経験者においてありがちなのは、「安定した地位を求めて」転職を決意したという動機です。

これは確かに正しいのでしょうが、面接等では避けた方が良いでしょう。

そうした打算的なことではなく、「これまで磨いてきたスキル」「専門的な知識」といった長所をアピールしましょう。

会社が欲しているのは、あなたの能力です。

どのような能力があるのかをアピールしていくことが重要です。

そのため、何も考えずに派遣職を転々としてきたような方は、かなり厳しいでしょう。

逆に、転職回数こそ多いが、同じような業種を渡り歩いてきたような方は、大きな武器を持っていると言えます。

そうした「自分ならでは」のスキルを積極的にアピールしてください。

もちろん、転職先の会社への貢献を誓うことも忘れてはいけません。

「派遣=ドライ」という目で見られてしまえば、当然損をしてしまいます。

やる気、情熱、スキルを兼ね備えた人物であることをアピールできれば、自ずと転職活動も上手くいくのではないでしょうか。

一般的に、派遣社員はマネジメント力がないと思われがちです。

そのような先入観を覆すためには、やはり過去の職場で経験したプロジェクトをアピールするのが良いでしょう。

正社員とも対等な立場で意見を交わし、プロジェクトを成功に導いたような経験があれば、良いアピールになります。

思い当たる節がある方は多いはずです。

そうした過去の経験を活かしつつ、未来へと向かうビジョンを示しましょう。

上述したことを参考にして、転職活動を成功させてください。