転職エージェントを利用しようと考えた場合、職歴をしっかりと書くことが大事です。

ですが、多くの方が、あまり魅力的な職歴書を書けません。

そのため、損をしてしまっている方が多いです。

では、どのような職歴書であれば、評価されるのでしょうか?

今回の記事では、そうした点につき説明をしていきたいと思います。

まず、「転職したい理由」を分かりやすく書きましょう。

これが、最も大事なことだと思います。

というのも、当たり前ですが、転職を希望されている方は、現状に何らかの不満を抱えています。

そして、目指すべき理想が存在します。

そのギャップについて、相手に分かりやすく伝えることができなければ、転職は成功しないと言えるでしょう。

当然ながら、採用面接本番では、その点についての説明を求められます。

その前段階として、転職エージェントに説明できなければ、採用担当者の前でも満足な説明はできないでしょう。

何も、完璧なものを作り上げなければならないわけではありません。

あくまでも、「分かりやすい」ものを作り上げてください。

現状がどのようになっており、目指すべき理想はどのようなものなのか。

そして、そのギャップの解消として、何を望むのかを明確にしてください。

また、「熱意」が伝わるものを書くのも大事です。

というのも、転職がうまくいかない方の多くは、職歴書を見ても、「本当に転職する気があるのか分からない」ことが多いからです。

当たり前の話ですが、転職エージェントは、多くのクライアントを抱えています。

全員に対して、全力で対応するのが理想でしょうが、現実的に、それは不可能です。

となれば、当然、優先順位をつけることになります。

その際の判断基準として、転職エージェントが「何としても転職させてあげたい!」と思えるかどうかということが挙げられます。

漠然と「転職したい」という人であれば、優先順位は低くなるでしょう。

ですが、「この業界で活躍するために、今、転職したい」という人は、優先順位も高くなります。

文章の巧拙ではありません。

その文章を見て、「熱意」が伝わるかどうかを吟味してください。

以上のような注意点を守っていただければ、転職エージェントの側でも、非常に対応がしやすくなります。

より魅力的に見せるための添削作業にも身が入るでしょうし、何より本気で臨んでくれるでしょう。

そして、依頼した側も、転職エージェントの努力に応えようと、必死に転職活動をするでしょう。

このように、職歴書一つだけでも、その後の転職活動に多大な影響を及ぼすのだということが
お分かりいただけるのではないかと思います。

結局、転職に成功する方は、当たり前のことを当たり前にできる方です。

小さなことでもおろそかにせず、コツコツと積み重ねていってください。